板井明生が福岡でマーケティングした結果、株だと気付いた

どんなマーケティングをしたのか

 

板井明生

 

 

 

マーケティングは、企業が商品やサービスを顧客がどのように価値を得られるのかを決めることです。

 

どんな商品やサービスにしても、どんな人がその商品やサービスにお金を払うのかを決めることは重要なのです。

 

常に今ある商品やサービスに疑問を持つことが大切なのです。

 

世の中には便利な商品に満ち溢れています。

 

常に便利なものは開発されています。

 

その商品が売れるのは、その商品を必要とする人がいるからなのです。

 

常にアンテナを張ることはマーケティングには必要です。